永久脱毛は痛いの?

永久脱毛の痛みは部位によって異なる

美容クリニックで受けることができるレーザー脱毛は、永久脱毛に近いムダ毛処理方法だと言われています。
ムダ毛への効果が高い分、痛みも強いのが特徴です。
この痛みはムダ毛の濃さや太さ、生えむらや肌質、施術を行う部位によって個人差が大きくなってきます。
口コミなどをチェックしてみると、ワキやVIOラインが痛みが強いようです。
施術を楽に進めるために、レーザー脱毛では麻酔を使えることも多くなります。
不安だという人は、施術の前に麻酔が使用できるかを確かめてみるのも1つの方法です。

永久脱毛で痛みを感じやすい部位

永久脱毛としてお勧めなのは、施術の際に痛みが少ない医療クリニックで行われる医療レーザー脱毛です。しかし、医療レーザー脱毛と言えども毛根を破壊するために、皮膚の3~4㎜下の部位に熱刺激をあてることになるため、レーザー照射の瞬間は骨に近い場所は痛みが強く、骨から離れた場所は弱いのが一般的です。

従って、人気のある膝下やワキなどは骨に近い部位なので痛みを感じやすくなります。耐えられないようであれば医療クリニックですから麻酔もしてくれるので安心です。なお、レーザー照射の感じ方には個人差がありますが、一般的には「ゴムでパチンと弾かれる」感じという方が多いです。

永久脱毛で痛みを感じにくい部位

永久脱毛の施術を行う際、一般的に輪ゴムで弾かれるような痛みを感じます。身体の部位によって痛みを感じやすい場所とそうでない場所があり、お腹や背中、お尻といった部位は比較的痛みが少ないのが特徴です。痛さの感じ方は肌質などによって個人差がありますが、太くて硬めの毛は生えるワキやVラインは、毛が密集していることもあり、痛いと感じる人が多く見られます。我慢できない場合、麻酔や鎮痛剤などを使って軽減する対処法が存在します。

永久脱毛で痛みが大きい部位

永久脱毛で痛みが大きくなってしまう部位については、多くの若年層の女性の間で話題となることがありますが、短期間のうちにデリケートゾーンの専門的な脱毛方法のメリットを理解することがおすすめです。
一般的に、VIO脱毛の効果の程度は、人それぞれのデリケートゾーンの周辺のムダ毛の量の多さによって、大きな影響を受けることがあります。
そこで、VラインやIラインの毛量に注目しつつ、麻酔の対応が優れているクリニックに直に問い合わせをすることが成功につながります。

永久脱毛で痛みを和らげるための対処法

クリニックで永久脱毛をする時には、痛みを感じないように麻酔をしてくれることもあります。
またレーザー出力なども変えることが可能です。自分でできる対処法として、生理前を避けて施術を行うことが良い方法です。
また施術後には日焼けをしたような皮膚の状態になっているので、保湿をしておくことも適しています。
カウンセリング時にはさまざまな相談ができるので、医療レーザーを使った時の痛みについても話をしておくと良いでしょう。

永久脱毛 北海道 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です